クラウドERPシステム【MA-EYES】

経営管理とは? 目的などの基礎知識や手法、役立つシステムについて解説|ビーブレイクシステムズ

限られた資源(人材、コスト、情報など)を有効活用するためには、適切な経営管理が必要です。そのために、適切なシステムの導入が有効です。特にERPシステムは統合的な管理を可能にし、経営管理を効率化します。
経営管理をすることにより迅速な意思決定やリソースの最適化が可能になります。この記事では、経営管理の概要から具体的な手法について詳しく解説します。

経営管理とは?

経営管理とは、企業の経営資源を戦略的に管理し、持続的な成長と目標達成を目指すことです。経営管理には販売管理、財務管理、生産管理、人事・労務管理などが含まれ、各部門で具体的な戦略と計画を立て、モニタリングと改善を繰り返すPDCAサイクルをまわすことで、企業全体で経営戦略を効果的に達成します。

経営管理の目的

経営管理の目的は、企業が目標を達成し持続的に成長するために、経営資源(人、物、金、情報)を効率的に活用することです。
そのためには、適切な経営戦略やKPIを定め、市場の変動やリスクに対応しながら長期的な成長を目指すことが求められます。計画通りに進んでいない場合は、原因を把握し対策をしたり、計画を見直すことも必要です。
また、持続的な成長のためには、売上の最大化やコストの削減を通じて企業の利益を確保することが必要です。さらに、経営管理は企業の方向性や目標を全従業員と共有し、モチベーションを向上させることを目的としています。これにより企業全体の効率が向上し、結果として企業は円滑な経営を実現し、持続可能な成長を遂げることが可能です。

経営管理と経営企画の違い

経営管理と経営企画は、混同されることも多いですが、企業運営において異なる役割と目的を持っています。
経営管理とは、経営戦略や経営企画に基づいた経営活動プロセスの管理を指し、企業の日常業務を効率的に実行し、目標の達成をサポートします。

一方、経営企画は企業の経営戦略に基づき、中長期的な目標を達成するための具体的な計画策定を行うことです。「経営企画」は経営目標に向けた短期的な具体的計画を立案するのに対し、「経営管理」はこれらの計画が実行されるプロセスを管理する役割を果たします。

経営管理の業務内容

この章では、経営管理の業務内容として、販売管理、人事管理、労務管理、生産管理、財務管理の各分野がどのように企業の成功に寄与するかを詳しく説明します。

販売管理

販売管理は、企業の販売活動全体を管理する業務です。いつどこで誰に何をいくらでいくつ販売したのかという生産条件に関する情報を管理します。販売履歴、売上予測、在庫管理等が含まれ、企業の売上向上と顧客満足度の向上に直結します。

販売管理の主な業務は以下の通りです。

  • 受注管理
    注文内容の確認と処理を行います
  • 出荷管理
    商品が顧客に迅速かつ正確に届くように調整します
  • 請求管理
    適切なタイミングで請求書を発行し、支払状況を把握します
  • 仕入管理
    適切な量の資材や商品を確保し、過不足を防ぎます
  • 在庫管理
    過剰在庫や品切れを防ぎます

人事管理

人事管理は公正な評価制度を導入することで、従業員のモチベーションとパフォーマンスを向上させる重要な業務の一つです。

人事管理の主な業務は以下です。

  • 採用
    効果的な中途採用を通じて企業のニーズに合った優秀な人材を確保します
  • 教育訓練
    社内外の研修プログラムを活用し、人材の育成などを行うことで、社員のスキルアップに繋がります
  • 人事考課/昇進/昇給
    適切な人事面談を通じて継続的なコミュニケーションを図り、評価結果をもとに合理的な配置を行います
  • 配置/異動
    本人の希望を考慮しながら適材適所に人材を配置します

こうした総合的なアプローチにより、企業の戦略目標達成に最適な人材を効果的に配置し、組織の競争力を高めます。

労務管理

労務管理は従業員のモチベーションを高く保ち、労働環境を整備する重要な業務です。

労務管理の主な業務は以下です。

  • 勤怠管理
    始業や終業時刻、時間外労働時間数などの管理をします
  • 給与管理
    給与計算や社会保険料などの計算をします
  • 労働契約の締結
    雇用契約書の作成と締結をします
  • 労働条件の通知
    従業員が入社する際には労働条件通知書を作成します
  • 就業規則を含む社内制度の整備
    労働基準法の規定に基づいた「就業規制」を作成します
  • 社会保険の手続き
    新入社員の社会保険、雇用保険の手続きをします
  • 退職管理
    社員が退職した際の手続きを行います

労務管理を行うことで、従業員のパフォーマンスと企業の生産性向上が期待できます。 正確な労務管理により、効果的な組織運営と持続可能な労働環境を実現します。

生産管理

生産管理は、製品やサービスの生産過程を効率的かつ効果的に運営するための管理活動です。

生産管理の主な業務は以下です。

  • 生産計画の策定
    需要予測を基にした生産計画を作成します
  • 生産能力の最適化
    生産ラインの効率最大化による生産能力の最適化をします
  • 品質管理
    不良品発生を防止するなど製品の品質を管理します
  • 納期管理
    納期を守るためのスケジュール管理を行います
  • 調達・保管
    過剰在庫にならないように部品や材料を調達、保管します
  • 品質検査
    出荷前に傷などがないかを確認します
  • 梱包
    安全に配送ができるように商品に合わせた梱包をします

無駄を排除し、コスト削減と品質向上を図ることが重要です。

財務管理

財務管理は、企業の財務健全性を維持するために重要です。

具体的な業務には以下のようなものがあります。

  • 資金繰りの管理
    キャッシュフローを監視し、資金ショートを防ぎます
  • 利益計画の策定
    利益計画を立てることで収益性を確保します
  • 財務諸表の作成と分析
    財務諸表の作成と分析により経営判断を支援します
  • 投資計画の立案
    未来の成長を見据えた投資計画を立て、リスクを管理します

これらの財務管理を実施することで、企業はリスクを効果的に管理し、持続的な成長を実現できます。

経営管理を改善するポイント

経営管理は企業の成功に不可欠であり、改善することで業績向上に直結します。この章では、経営管理を改善するポイントを紹介します。

適切なITツールや経営管理システムの導入

日々の業務を効率化するには、適切なITツールやシステムの導入が重要です。
特に、経営管理においては、生産、労務、財務管理など多岐にわたる業務を一元管理できるERPが有効です。ERPはそれぞれの部門をすべて1つのシステムで管理することができるため、シームレスな情報連携が可能となり、業務効率が大幅に向上します。
特定業務に特化した個々のシステムは、システム間のデータ連携が難しく、スピーディーな経営判断を妨げることがあります。ERPを導入することで、DX(デジタルトランスフォーメーション)の促進や業務改革を目指す企業にとって、ERPは強力なツールとなるでしょう。

業務の可視化

業務の可視化は、経営管理を効果的に実現するために不可欠です。業務を可視化することで、自社のビジネスプロセスで改善が必要な業務を特定することができるようになり、経営判断に役立ちます。
例えば、プロジェクト管理ツール、ERPシステム、CRMシステムなどを導入して業務を可視化することで、企業全体の業務フローや部門ごとに必要なリソースが明確に把握できるようになります。これにより、企業のリソースを最適に配分し、効率的な経営管理が可能となります。可視化は、企業内でブラックボックス化している業務を透明化し、実際の状況を把握し分析するための重要なステップであり、経営層が適切な経営判断を下すための基盤を築きます。

メンバーとのコミュニケーション

経営管理を円滑にするためには、業務の可視化と情報共有が欠かせません。情報共有がされないことで、各目標の進捗や状況などが見えず、経営管理にも影響が出ます。
週次や月次の報告書や定期的な進捗会議を設け、各メンバーの役割と進捗状況を明確にすることで、組織全体の業務効率が向上し、目標達成に向けた具体的なアクションが取れるようになります。
コミュニケーションのためのツールを利用することもオススメです。
情報共有だけでなく、各メンバー同士のコミュニケーションが増えることで、社内の雰囲気が良くなります。結果として社員のモチベーションがあがり、業績向上にも繋がります。

経営管理をシステム化するメリット

経営管理をシステム化することは、事業状況を可視化し、経営スピードを迅速化するために有効です。経営管理システムは、リアルタイムで「いつ」、「どこで」、「何が起きているか」を把握できることが大きなメリットです。これにより、事業目標達成に不可欠なKPIを設定し、問題が発生した際には迅速に発見し修正することが可能です。

さらに、全社的に統一フォーマットで情報を管理することで、将来予測に基づいた意思決定も迅速に行えます。システムの導入により、データ収集に時間をかけず、現状に即した適切な計画を立てることができるので、急速な状況変化にも柔軟に対応できます。また、業務が標準化されることで、同じ指標で社員を評価できるようになります。
経営管理システムを活用することで、具体的かつ詳細な情報を用いた効率的な経営管理が実現し、企業全体のパフォーマンス向上に寄与します。

経営管理にオススメのシステム

経営管理システムの導入は企業の効率化や業務改善に大いに寄与します。経営管理を最適化するおすすめのシステムをご紹介します。

ERP

ERP(Enterprise Resource Planning)は、企業の資源を最適化し、業務全体を統合的に管理するためのシステムです。ERPを導入することで、生産管理、販売管理、労務管理、人事管理、財務管理といった基幹業務のデータを一元的に管理できます。これにより、異なるシステム間でのデータやり取りにかかる手間や時間を削減できます。また、業務ごとに存在する個別のデータを一括管理することで、経営の全体像を把握しやすくなり、非効率な業務やデータの転記によるミスも防ぐことができます。ERPの導入は経営管理を強化し、業務効率を向上させるための有力な手段となるでしょう。

BIツール

BIツール(ビジネスインテリジェンスツール)とは、企業が保有するデータを収集・可視化し、経営判断に活かすためのツールです。部署や店舗ごとに個別に管理されていたデータを一元化でき、データ収集や分析の手間や時間を大幅に削減します。さらに、BIツールはデータを店舗別、地域別、商品別など様々なカテゴリや期間に分けて比較・分析できます。これにより、データに基づいた経営判断が実現し、より正確かつ効率的な経営をサポートします。経営者、マネージャー、経営企画部門の担当者にとっては、意思決定プロセスを強化し、経営効率を向上させるための有用なツールです。

システム導入時に気を付けること

経営管理のシステムを導入することは、その影響範囲の広さからも簡単ではありません。これまでの管理方法を少なからず変更する必要があるため、従業員の混乱などもあるでしょう。
この章ではシステム導入時に気を付けたいポイントについて紹介します。

必要な機能を揃えているか

自社にとって必要な機能を備えているかどうかは、重要なポイントです。新規で開発をすると多くの時間とお金がかかるので、標準機能で対応できるかを確認しましょう。
システムの足りない機能を別のシステムで補う場合、現行システムや他システムとの連携などができるかもチェックしましょう。

業種に合っているか

業種特有の要件などがある場合は、業種に特化したシステムを選ぶことをオススメします。業種ならではの機能を備えたシステムは使い勝手がよく、ベストプラクティスな業務フローを導入できます。また、ベンダーも業界への理解がある場合が多く、導入までのプロセスがスムーズに進みます。

セキュリティがしっかりしているか

経営管理システムは会社の重要なデータを扱います。情報漏洩などがないように、セキュリティ対策が十分にされているかは必ずチェックしましょう。

導入形態と規模に合っているか

従業員規模などが自社に合っているシステムかどうかを確認しましょう。導入形態がクラウドなのか、オンプレミスなのかも重要なポイントです。金額の想定も大きく乖離がないかを確認します。

現状の課題を解決できるか

まずは今自社が抱えている課題の洗い出しが必要です。そのうえで、自社にとって必須の要件に対応できる機能を備えているシステムなのかをチェックしましょう。

サポートがあるか

経営管理システムは企業活動において重要です。万が一なにかのトラブルがあり、システムが止まってしまうと、会社の運営に支障がでてしまいます。
ベンダーによるサポートの内容を確認しましょう。きちんと対応してもらえるベンダーを選択することで、もしもの事態があっても安心して利用することができます。

まとめ

この記事では、経営管理について基本的な知識や具体的な業務内容、課題解決の方法、システム導入のメリットなどについて包括的に解説しました。

経営管理は企業の成長と安定に不可欠です。適切な管理手法を用いることで、企業は競争力を維持し、効果的な経営戦略の基盤を構築できます。特に管理会計、生産管理、販売管理、労務管理などの手法を導入し、KPIを設定してモニタリングを繰り返すことで、改善が可能です。
また、経営管理システムの導入は業務効率の向上や正確なデータ分析を実現し、迅速かつ正確な意思決定を支援します。

この記事を通じて、皆様が自社に最適な経営管理手法を見つけ出し、実践するための助けになれば幸いです。

株式会社ビーブレイクシステムズでは、MA-EYES(エムエーアイズ)というERPを提供しています。経営管理でシステムを検討中の場合は是非ご検討ください。

30日間無料トライアル 資料ダウンロード