ついにきた、
仕事はロボットに任せる時代


手作業で行っていませんか?


見積書作成

集計データ加工

検索作業

システム間連携

RPAは毎日の定型業務を
自動化します


RPAとは「Robotic Process Automation」の略で、    
パソコン上の操作をロボットが代行・自動化することです。
   
一度覚えさせてしまえば、    
ロボットはミスをしません。集中力がなくなることもありません。
   
働き方改革への対応や労働人口の減少が予測される今、    
RPAツールが大きく注目されています。
   
これまで作業や確認にかけていた時間を、生産性のある仕事に回し    
人件費の削減や売上の向上に繋げませんか。   

まずは実際にご覧ください


確度別案件一覧作成

案件一覧から確度別の一覧表を作成する

RPA「WinActor」の特長


日本語対応

日本企業の業務に合わせて
開発されたシステム

プログラミング知識不要

IT知識のない方でも
直感で操作が可能

低コスト

導入しやすい低価格で
コストパフォーマンスが高い

WinActorにできること


ExcelやOutlookといったoffice製品など、Windowsで操作可能な
あらゆるアプリケーションを操作することができます。一例をご紹介します。

勤怠未登録者に登録を促す

システムデータより勤怠未登録者を特定し、
登録を促すメールを送付する

WinActor特長1

エアコン指示書作成

顧客の住所を地図ソフトで検索し、
画像化して貼り付け

WinActor特長2

申込書の内容をシステムへ登録

申込書の内容をテキストデータに変換し、
社内システムへ登録する

WinActor特長3

サービス


既存ライブラリ紹介


製品に元から含まれるライブラリの一部をご紹介します。
シナリオに部品のように組み込むことでシナリオ作成の時間を短縮することが出来ます。

日付関連

・日付取得
・n時間後の時刻計算
・日付差計算
etc

ファイル関連

・ファイル移動
・ファイル一覧取得
・フォルダ作成
etc

Excel関連

・指定されたセル選択
・シートコピー
・背景色をつける
etc

メール関連

・メールと添付ファイル保存
・予定の登録
・全員に返信
etc

ERP × WinActor


基幹システムとWinActorを組み合わせることで
システムにカスタマイズを加えることなく、
独自の分析帳票の作成や他システムとの連携などを可能とします。

ここでは、プロジェクト管理に特化したクラウドERP
MA-EYESとの連携シナリオを一部紹介します。

勤怠一括取込

基幹システムに勤怠データファイルを取り込み
勤怠データを登録する

売上分析

売上予測表と案件一覧を出力
加工し分析用のグラフを作成する

退勤打刻

基幹システムにて退勤時間を打刻し
システムをログオフする

得意先登録

得意先申請用データをダウンロードし
得意先マスタを登録する

勤怠超過

勤怠一覧より過重労働者を抽出し
メールで通知する

出勤打刻

基幹システムにログインし
出勤時刻を打刻する

  

クラウドERP MA-EYESについて別ウィンドウで開きます

WinActorお問い合わせ