■ニュースリリース

2018年05月30日
株式会社ビーブレイクシステムズ

老舗広告代理店、「新通」の100%出資子会社「株式会社新通エスピー」が
案件の原価予算/実績をリアルタイム把握に向けて
ビーブレイクシステムズのクラウドERP「MA-EYES」の導入を決定!!
2018年10月本稼働開始

株式会社 ビーブレイクシステムズ(本社:東京都品川区、代表取締役:白岩次郎、東証マザーズ上場:証券コード3986 以下「ビーブレイクシステムズ」)は、株式会社 新通エスピー(本社:大阪府西区 代表取締役: 樋口荘一郎 以下「新通エスピー 」)が新基幹システムにビーブレイクシステムズのクラウドERP『MA-EYES』の採用を決定し、2018年10月の本稼働に向けた取り組みを進めていることをお知らせいたします。

新通エスピーは、昭和11年創業の老舗広告代理店、「株式会社新通」の100%出資子会社として昭和52年に新通SP部より分離独立して誕生しました。北海道から沖縄まで全国にネットワークの拠点を持ち、展示会、サンプリング、屋外広告、店内イベント、POP、PVなどのセールスプロモーション(SP)を主とした宣伝広告や人材派遣サービスなどをワンストップで提供しています。

■システム化の背景:
スクラッチで開発した既存の販売管理システムの導入から10年近く経ち、現在の業態と合わなくなっていたため新システムへのリプレイスを計画していました。 既存システムにて、案件単位の採算管理を行っていましたが、原価については、予定値はなく実績値のみ登録する仕様だったため、案件が完了するまで原価の予実対比をシステム上ですぐに把握できず、原価の超過を未然に防ぐ仕組みの構築が必要だと考えていました。また、権限や業務手順などをシステム上に規定し、権限者である上長の承認なしに発注などを行なえない仕組みを構築したいと考えていました。

■採用理由:
MA-EYESは上記要件を実現し、「ライセンス体系がユーザ数に依存せず、将来的にユーザ数が増加しても追加料金が発生しないこと」、「グループ会社でも利用できるため、今後グループ会社に拡大しやすいこと」、「標準機能と自社の業務のマッチ度が高いこと」が採用の決め手となりました。

(本件に関するお問い合わせ先)
株式会社ビーブレイクシステムズ 担当:岡部
電話:03-5487-7855 メール:pr@bbreak.co.jp

ページトップへ