ERPパッケージ【MA-EYES】

ERP導入事例

不動産関連企業

情報の集約化により、業務負荷の低減や属人的業務の解消を実現

企業データ

従業員数:約80名 / 売上高:約350億円

導入の背景

導入前は、発注や支払情報をExcelで管理しているため、発注・支払時点での予実管理や案件ごとの予算作成に手間がかかっていた。また仕訳データを会計システムに手動で登録していたため手間がかかる、取引先マスタの管理が属人化しているなど様々な課題が発生していた。

採用理由

セミオーダー構築ができるMA-EYESであれば、カスタマイズを比較的容易に行うことができるため、自社の独自業務に合わせたシステムを予算内に実現することができると判断した。

導入効果

いままでExcelで管理していた情報をMA-EYESに登録することで、二重入力や入力ミスが低減され、また予実管理や予算作成の作業負荷は軽減された。アラート機能などもあり支払い漏れなど防げるようになった。またMA-EYESが仕訳を自動で起票し、仕訳データは会計システムに連携されるため、会計システムへの手作業による仕訳入力の業務がなくなり業務が効率化された。MA-EYES上の得意先マスタ、仕入先マスタに取引先情報を入力することになったので、マスタ管理の属人化が解消された。

※詳細は画像をクリックしてご覧下さい

システム概要図

製品資料や事例集を
ご希望の方はこちら

03-5487-7855 受付時間:10:00~18:00