■よくある質問(システム部門担当者)

ここではシステム部門担当者が行う業務に関する質問にお答えします。

新しいシステムを導入するとユーザトレーニングが大変そう

MA-EYESは、Windowsに近い画面構成になっているため、Windowsユーザであれば、直感的に利用することができます。

導入後に機能を追加したくても、既存システムの影響分析が大変で工数がかかる

機能追加が可能な開発環境を用意していますので、システム稼働後の機能追加も比較的容易です。実際、多くのMA-EYES導入企業では、最初はスモールスタートでの導入を実施され、システム稼働後に機能を拡張しています。

様々な帳票が必要なのだが、ベンダーに見積を依頼したら金額が予算より大幅に超えてしまった

MA-EYESでは比較的容易にレポートを作成することができますが、コストをさらに抑えたい場合は、MA-EYESでご用意している各種検索結果を簡単にエクセル出力することができるため、出力後加工して利用することで金額を抑えることができます。例えば、多くの企業で個別に作成しているマスタ一覧などは、レポートを別に開発することなくマスタ検索画面から簡単にエクセル出力できるので、必要な時にそれらを活用している企業様もいらっしゃいます。

SaaS対応はしているか

対応しています。MA-EYESの導入形態は、お客様のご指定の環境にMA-EYESを一括で導入する「一括導入型」か、月額料金制でMA-EYESをご利用いただける「SaaS型」を選択することができます。

システム導入費以外に初期投資が多いので導入に躊躇してしまう

SaaS版MA-EYESはお客様自身でサーバを導入・運用する必要がないため、管理工数を削減することができます。また必要な機能のみお使いいただけます。

いきなりシステム導入すると混乱するので一部の機能から順に導入していきたい

対応しています。ご相談ください。

部門や職位・役割等によって、照会できる情報や実施できる機能など細かく定義したい

MA-EYESでは、実行できる機能とアクティビティ(閲覧、編集、削除等)をユーザ毎に管理することができます。

スマートフォンでも使いたい

経費申請など一部の機能について、スマートフォンに標準で対応しています。対応していない機能については、個別にご相談ください。

既存システムなど他システムとの連携は可能か

可能です。これまでも財務会計や人事給与など様々なシステムとの連携実績がございます。

他のご質問についてはお気軽にお問い合わせください。

03-5487-7855受付時間:平日10:00~18:00

ページトップへ