ERPパッケージ【MA-EYES】

よくある質問(販売管理)

ここでは統合型基幹業務パッケージ(ERP)MA-EYESに関する販売管理に関する質問についてまとめています。

見積書、注文書などの証憑を発行することはできますか

できます。MA-EYESでは販売の各段階において以下の証憑を発行することができます。

見積り → 見積書、注文書、ご注文請書(プロジェクト見積機能)

外注発注 → 注文書、ご注文請書 ※発注用

請求 → 請求書

納品 → 納品書、検収完了報告書

証憑のフォーマットを変更することはできますか

できます。MA-EYESでは導入後であっても、EXCELで作成したフォーマットを「帳票管理機能」で登録することで自由に証憑のフォーマットを変更することができます。また、複数のフォーマットを同時に登録することも可能で、複数フォーマットが登録されている場合は証憑の出力時にどのフォーマットで出力するのかを選択できます。

見積や受注の稟議をシステムで行うことはできますか

できます。MA-EYESでは以下の各機能にワークフロー機能があります。

  • プロジェクト見積
  • プロジェクト管理(受注登録機能)
  • 請求
  • 購買申請
  • 経費申請
  • プロジェクト完了(納品・完了機能)
  • 作業実績・勤怠
  • 休暇・残業申請
  • 在庫発注・在庫移動
請求金額が毎月の作業実績時間によって決まるのですが、そのような取引でも利用することはできますか

できます。MA-EYESではユーザー毎の標準原価単価とは別に、請求用単価を設定することができます。

※ユーザー単価マスタ機能 : 請求用単価を設定した状態でプロジェクト毎の作業実績時間を入力すれば、それらの情報から請求金額を自動計算することができます。なお、請求用単価は単純な単価ではなく、IT業界に特有の基準時間と超過・控除単価からなる精算条件に対応して登録することできます。

前受金や分割請求など請求パターンが複数あるのですが、対応可能ですか

可能です。プロジェクト管理画面(受注登録)で請求予定情報を登録することができます。その際に請求予定を複数本登録したり、請求予定に前受金フラグを立てることにより分割請求や前受金請求にも対応することができます。また、同月に同一顧客へ複数の請求予定がある場合は一つにまとめて請求する一括請求機能も備えております。

見積もり段階で、在庫を引当したいのですが

可能です。引合を受けた商品の在庫数を確認し、仮引当を行い、商品の確保を行うことが可能です。

与信管理と販売管理とがリンクしてリアルタイムに行えますか

可能です。顧客マスタで与信情報を登録し、受注申請時に与信額を上回る場合は自動で追加申請ワークフローが回るよう設定しております。

他のご質問については
お気軽にお問い合わせください

03-5487-7855 受付時間:10:00~18:00