■JPコミュニケーションズ株式会社様

MA-EYESの導入により、営業案件管理業務と債権債務確定業務の一元化を実現した、JPコミュニケーションズ株式会社。今回のシステム導入について、JPコミュニケーションズ株式会社 経営企画室長 中山 圭子様、経営企画室 主任 清宮 桃子様にお話を伺いました。(2017年7月現在)

【ポイント】

  • 営業案件管理業務と、債権債務確定業務の一元化
  • 各案件の進捗状況見える化、適時適切な売上/原価把握

システム導入することになった経緯を教えてください

JPコミュニケーションズ株式会社は、全国約20,000カ所以上の郵便局のスペースにポスターやパンフレットなどを設置する広告媒体販売や、イベント企画・運営、広告物等の企画制作等の事業を行う子会社として2014年に設立されました。広告媒体販売事業は、設立時すでに導入していた基幹システムによる業務運行管理が可能でしたが、イベント企画・運営、広告物等の企画制作等事業は基幹システムがなく、各営業担当者が個別にExcelを使って見積書や請求書などの作成や案件の管理を行っていました。事業開始当初は対応できていましたが、事業が軌道に乗り一定規模になると、各営業担当への業務フローの徹底が難しくなり、管理部門による各種データや帳票の突合作業が必要になったことから、Excelでの案件管理に限界を感じシステム導入検討を開始しました。

システム導入にあたっては、案件管理から各種帳票出力まで、必要な業務を1つのシステムで一元的に管理できるものを条件に検討していました。

MA-EYESを選ばれた理由はなんですか

比較的小規模の事業であるため、コストを抑えるべく、パッケージ製品に必要最小限のカスタマイズで実現できるもので模索していたところ、MA-EYESが条件に合致したことから採用しました。

MA-EYES導入後のシステム概要について教えてください

概要図

※画像をクリックすると拡大表示します。

(詳細は右の画像をクリックしてご覧下さい)
■MA-EYESシステム概要
担当者による必要なデータの入力が終わると瞬時にデータが反映され案件の進捗状況をすぐに把握できる。一度登録したデータが自動で各種帳票に反映され、簡単に出力できる。権限設定や機能ごとに申請・承認の仕組みを設けることができる。  

今回のシステム導入のポイントと導入効果を教えてください

[今回のシステム導入のポイント]
業務をMA-EYESで一元管理するよう徹底するため、社内稟議及び帳票類の出力はMA-EYESを使用する業務フローに改めました。これにより、営業担当者が必然的に必要情報を登録するため、最新の経営情報を把握・共有できるようにしました。また、必要な分析帳票を比較的簡単に出力できるよう配意しました。異動により担当者が変わっても、容易な引継ぎにより業務が継承され、長期的なシステム利用につながることを意識しました。

[導入効果]
営業担当者は、登録案件に関し、見積、受注等の進捗状況をリアルタイムで把握できるようになり、案件の共有化等、業務改善に結びつけることができました。管理部門は、決算時の突合作業が不要となったこと、また案件毎の進捗状況や予算達成状況等、経営情報の把握が容易になったことで、業務効率化を図ることができました。

JPコミュニケーションズ株式会社

JPコミュニケーションズ株式会社

http://www.jp-comm.jp/

製品資料や事例集をご希望の方はこちら

03-5487-7855受付時間:10:00~18:00

※上記内容はインタビュー時点の情報に基づき作成されています。

※Microsoft Excelは、米国 Microsoft Corporationの米国、日本およびその他の国における登録商標です

※その他、記載されている社名、製品名またはサービス名は各社の商標または登録商標です。

ページトップへ

お問い合わせはこちら

03-5487-7855

受付時間:10:00~18:00