■サポート

MA-EYESにはサポートセンターが設置されています。サポートセンターでは、MA-EYESに関する問い合わせやRFP(*注1)回答書作成などを対応しています。MA-EYESの導入前から導入後までフルサポート体制をとっております。

株式会社ビーブレイクシステムズ サポートセンター

  • 営業時間 10:00~18:00(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

MA-EYESサポートサービス

MA-EYESではサポートサービスを実施しています。

サービス内容は
・MA-EYESに関するサポート
・MA-EYESのプログラムの不具合修正
・MA-EYESについての障害発生への対処
(但し、システムの仕様変更、プログラム改造及び新規作成等は本サービスに含めない)

お問い合わせの流れ

お問い合わせの流れ

※画像をクリックすると拡大表示します。

①お問合せ開始
お問合せは、弊社サポートセンターにFAXまたは電子メールでご連絡ください。ご連絡の際は、お問合せに関する概要をご記載ください。

②担当エンジニアに転送
サポートセンターで受付後、お問合せ内容を担当エンジニアに転送いたします。

③ヒアリング
担当エンジニアがお客様に直接ご連絡いたします。詳細な内容をおきかせください。

④対応及びお問合せ終了確認
お問合せの内容について、お客様と担当エンジニアの間で作業終了の確認を行い、お客様のご了承をいただいた時点で終了といたします。

RFP回答書、提案書作成チーム

弊社ではRFPに対する回答書、システム提案書の作成についてチーム体制を組み対応しています。

RFP回答書、提案書作成の流れ

RFP回答書、提案書作成の流れ

※画像をクリックすると拡大表示します。

①RFP受渡
お客様よりRFPを受領いたします。

②ヒアリング
受領したRFPの詳細な内容を確認するために担当チームが貴社に伺い、ヒアリングを行います。

③RFP回答書作成
ヒアリングの内容をうけて回答書を作成します。

④RFP回答書・提案書チェック
社内のRFP責任者が作成した回答書をチェックします。ここで不足項目がないか、矛盾した内容がないか等、全体的にチェックをおこないます。第三者の視点が入ることで、客観的に実現可能なシステム構築案が作成できます。

⑤RFP回答書・提案書提示
作成した回答書をお客様に提出いたします。

*注1 RFPとは
RFP(Request For Proposal)とは、情報システムを導入するにあたって、ユーザが導入システムの概要や調達条件を記述した文書です。ユーザは作成したRFPをITシステム会社に提出し、ITシステム会社が作成したRFPに対する回答書及びシステム提案書をもってシステム構築のための選定資料として使用します。またRFPは、システム選定のためだけでなく、事前にシステム要件を明確にすることによって、開発時の混乱を未然に防いだりするメリットもあります。このようにRFPはシステムを構築する場合には大変重要な文書になっています。

サポートに関するお問い合わせはこちら

03-5487-7855受付時間:平日10:00~18:00

ページトップへ

お問い合わせはこちら

03-5487-7855

受付時間:平日10:00~18:00

無料トライアル申込