■セミオーダーとは

セミオーダー型ERPとMA-EYES

※画像をクリックすると拡大表示します。

統合型基幹業務パッケージ(ERP)を導入後しばしば問題になるのが「ERPが自社の業務にマッチしていないため、結果的に非効率になってしまった」という点です。この問題点を解決するために、”セミオーダー型”ERPであるMA-EYESをご提案しています。

MA-EYESはプロジェクト型企業の業務に必要な機能を標準でご用意しておりますが、企業独自の機能を簡単に組み込むことができる自由度の高い開発・運用環境を使用しています。開発・運用環境には、アドイン開発基盤、部品モジュール、構築ツールが用意されています。 これらを使用することにより、企業独自の経営指標を組み込んだり、特色のある業務フローを実現する機能を追加したり、企業独自の業務要件に合致したシステム構築が可能です。

セミオーダー型統合型基幹業務パッケージ(ERP) MA-EYES のメリット

基幹業務を統合的にカバーする豊富な標準機能の搭載

MA-EYESは、カスタマイズしなくても、パラメータ設定のみでそのまま使える高い品質レベルの標準機能を搭載しています。標準機能は、プロジェクト管理を中心に、 購買・経費管理や作業実績管理、債権債務管理、財務会計、分析・レポート、ワークフローなどプロジェクト型企業の業務全般をトータルにカバーしています。

カスタマイズの容易さ

MA-EYESは、各企業の要件に対し自由度の高いカスタマイズと追加開発が可能なため開発費削減に大きく貢献します。また、標準機能に関しても、機能ベースに容易にカスタマイズを行うことができます。

既存システムとの連携

既存システムや他システムとの連携が容易であるため、開発コスト削減に貢献します。

MA-EYESに関するお問い合わせはこちら

03-5487-7855受付時間:10:00~18:00

ページトップへ