■2010年2月18日(木)開催セミナー

オープンソースで実現する企業の情報活用術
不況時こそ”使えるBI”で先読み力を、”進化するOSS”で経営のフットワーク力を

これまで紙や個人PCで管理していた業務情報をERPをはじめ様々な業務管理システムを利用して一元化を実現した企業が次に目指すことの一つは、システム内で蓄積された情報を有効活用することではないでしょうか。蓄積された情報を見やすい帳票にしたり多方向からの分析を行うことで、これまで埋没していた問題が浮き彫りになり、また感覚的に推察されていたことが数値データとして実証されるなどの成果が出てきます。

しかし多くの情報を上手く活用できていないケースも多数見られます。企業が情報を活用することができない理由の一つには、帳票の作成や分析を実現するためのBI(ビジネスインテリジェンス)をシステム化するためには高いコストがかかるということが挙げられます。また高いコストをかけて導入しても使い勝手が悪く使われなくなり、投資がそのまま無駄になるというケースもあるようです。

本セミナーでは、帳票やBIシステム導入の成否をわけたポイントを洗い出します。またコスト面でも機能面でも優位性の高いオープンソースをフル活用したBIシステムの構築方法を具体的な事例や実際の画面をご覧いただきながら、わかりやすく解説いたします。それだけでなく日々進化するオープンソースを活用した業務システムの具体的な事例などもあわせてご紹介します。

プログラム

15:00~15:30 【セッション1】不況下における企業の情報活用術

[講師] ビーブレイクシステムズ 営業部 中村 善幸

不況の今、なぜ帳票・BIが必要なのか―このテーマを起点に様々な角度から企業における情報活用術を探っていきます。帳票・BIシステム構築の段階で陥りやすいワナなど様々な過去の事例を挙げながら、帳票・BIシステム構築の成功までの道のりをご提案します。

15:35~16:15 【セッション2】業務システムを使ったBIシステム構築法

[講師] ビーブレイクシステムズ  取締役 鹿取 裕樹

業務管理システムMA-EYESと連携を発表したオープンソースBIツールPentaho(ペンタホ)を例に挙げ、BIで実現できる機能や活用方法などを実際の画面を使いながらご紹介します。またBIシステムを導入する場合のプロジェクトの進め方などもご紹介致します。

16:20~16:40 【セッション3】オープンソースでますます広がる業務システム

[講師] ビーブレイクシステムズ  営業部 木塚 愛美

近年、高機能・高品質のオープンソースが生まれています。それらのオープンソースを自社の業務システムに活用することで、これまで以上に”使える”システムが実現します。今回は、業務システムのモバイル端末(スマートフォン)での活用事例や業務システムのデータを使ってエクセル上で分析する事例などを中心にオープンソースで実現する”使える”業務システムの活用術をご紹介します。

16:40~17:00 質疑応答

セミナー概要

セミナー名 オープンソースで実現する企業の情報活用術
不況時こそ”使えるBI”で先読み力を、”進化するOSS”で経営のフットワーク力を
開催日時 2010年2月18日(木) 15:00~17:00(開場 14:50)
開催場所 ビーブレイクシステムズ セミナールーム(東京・五反田)
参加費 無料(事前登録制)
お申込み方法 下の「申し込み」ボタンより下記内容をご記入の上お申込みください。
主催 株式会社ビーブレイクシステムズ
お問合せ先 株式会社ビーブレイクシステムズ セミナー事務局
Tel:03-5487-7855 Mail:seminar@bbreak.co.jp

本セミナーへのお申し込み

セミナーの申込は終了いたしました。

※上記内容については予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

ページトップへ

お問い合わせはこちら

03-5487-7855

受付時間:10:00~18:00