■2008年7月24日(木),31日(木)開催セミナー

SI・コンサルティング業界向け業務システム導入セミナー
経営者・経営企画・PM必見!
「高度なプロジェクト管理で企業競争力向上を目指す!」~工事進行基準適用を踏まえたプロジェクト管理会計システムの導入方法~

これまで、受注制作のソフトウェアを含む工事契約の請負契約に関する収益の計上について、工事完成基準もしくは工事進行基準のいずれかを企業判断で選択適用することが認められてきました。日本国内の大多数の企業が工事完成基準を採用していた中、企業会計基準委員会が2007年12月27日に公表した工事契約に関する会計基準により、2009年4月1日以降に開始となる事業年度からは工事進行基準が原則として適用となることが定められました。
完成基準では同じ請負工事契約であっても、企業によって基準が異なる収益等の認識基準が適用される結果、財務諸表間の比較に支障をきたす場合がありました。また"どんぶり勘定"で済んだ完成基準は、ソフトウェア取引をグレーにしている大きな要因であると考えられていました。
工事進行基準への対応には、正確な原価見積、収益総額、開発進捗状況に対応した高度なプロジェクト管理が必要となり、以前の業界への不透明なイメージも払拭されると考えられます。
同時に工事進行基準適用はそもそもSI業界にくすぶっていた進行中のプロジェクトが管理しきれない結果の赤字プロジェクト発生や、プロジェクト要員のリソースが把握ができないといった業界ならではの経営課題解決のチャンスと言えます。重要なのは、これまで以上に厳密なプロジェクト管理のために、現状をいかに「見える化」するかということです。

本セミナーでは、プロジェクトのコストや進捗状況をタイムリーに捉え、リアルタイム経営(経営の見える化)を実現するプロジェクト管理会計システムの構築方法についてご紹介いたします。効果的なプロジェクト管理会計システムは個別プロジェクトの精度向上だけでなく、経営基盤構築や企業競争力向上を実現します。

プログラム

15:00~15:40 【セッション1】SI業界、コンサルティング業界におけるプロジェクト管理会計

[講師] ビーブレイクシステムズ 取締役 高橋 明

プロジェクト単位で動く業務の場合、プロジェクトの管理はより正確性を求められます。つまり個別のプロジェクトの状況をリアルタイムに把握・分析することで、プロジェクトのリスクを早期に発見し、問題プロジェクトになる危険性を回避することができます。
本セッションでは、プロジェクト内で発生するコストや人員などの厳密な収支管理について、また工事進行基準適用を踏まえたプロジェクト管理会計の考え方と、効果的な構築方法についてご紹介いたします。

15:45~16:30 【セッション2】プロジェクト管理会計システム「MA-EYES」のご紹介

[講師] ビーブレイクシステムズ  岡部 志保

リアルタイムで企業活動の様々な観点からの損益状況をグラフィカルに把握するための業務管理システム「MA-EYES」をご紹介します。これまで弊社が多くの企業で構築してきた業務管理システムのノウハウが盛り込まれ、高い操作性と美麗な画面構成で使いやすく分かりやすいと導入企業様から高い評価を得ているMA-EYESの画面をご覧頂きます。

16:00~16:30 個別質問会

MA-EYESを操作できる端末をご用意しております。MA-EYESの快適な操作性をご確認ください。製品に詳しい担当者がおりますので、疑問に感じたことは遠慮なくご質問ください。

セミナー概要

開催日時 2008年7月24日(木) 15:00~17:00(開場 14:50) / 2008年7月31日(木) 15:00~17:00(開場 14:50)
開催場所 ビーブレイクシステムズ セミナールーム(東京・五反田)
参加費 無料(事前登録制)
お申込み方法 下の「申し込み」ボタンより下記内容をご記入の上お申込みください。
主催 株式会社ビーブレイクシステムズ
お問合せ先 株式会社ビーブレイクシステムズ セミナー事務局
Tel:03-5487-7855 Mail:seminar@bbreak.co.jp

本セミナーへのお申し込み

セミナーの申込は終了いたしました。

※上記内容については予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

ページトップへ

お問い合わせはこちら

03-5487-7855

受付時間:10:00~18:00