■2007年11月19日(金)開催セミナー

導入事例から学ぶ効果的なプロジェクト管理会計の導入方法
~プロジェクト管理会計システムは攻めの経営を支えます~

2007年6月調査の日銀短観によると、ソフトウェアを含む設備投資計画は、2005・2006年度より伸びは下回ったものの、2004年並みの伸びと なっており、全体的には企業は依然として設備投資に積極的な姿勢を崩していないとみられ、このような企業の積極姿勢を背景にIT・SI企 業では多くのシステム開発のプロジェクトが同時に進行しています。その中には、順調に進行しているプロジェクトがある一方、赤字プロ ジェクトや開発要員不足など様々な問題を抱えているケースも存在します。問題プロジェクトに対して経営者がタイムリーに有効な施策を とっていくことは、ますます激化する競争にIT・SI企業が勝ち抜くためには必要なことです。
しかし、プロジェクトマネージャーが個別にプロジェクトを管理しているため、経営者が社内で進行しているプロジェクトの状況を リアルタイムで把握できず、大幅なコスト増による赤字が発生していることをプロジェクト終了間際に知ったり、また、全社的な開発要員のリソース管理が行われていないため、高稼働のプロジェクトに開発要員をアサインすることができなかったり、問題プロジェクトに的確に対応ができない事態が発生していることも少なくありません。このような事態を回避するためには自社の業務にマッチしたプロジェクト管理会計システムの導入が不可欠です。

本セミナーでは、プロジェクトで発生する数々の問題を検討し、それらを解決するシステムの構築方法を以下のような事例を織り交ぜながらご説明いたします。

プロジェクト管理会計システムによる 問題プロジェクトの予防や早期解決は、攻めの経営を支えます。

プログラム

15:00~15:40 【セッション1】IT・SI業界における効果的なプロジェクト管理会計とは

[講師] ビーブレイクシステムズ 横田 圭輔

個別のプロジェクトの状況をリアルタイムに把握・分析することで、プロジェクトのリスクを早期に発見し、問題プロジェクトになる危険性を回避することができます。本セッションでは、IT・SI業界で効果的なプロジェクト管理会計の考え方をご説明いたします。また既存の財務会計システムを活用したシステム構築事例やワークフローシステムとの連携などのシステム構築事例もご紹介いたします。

15:50~16:35 【セッション2】プロジェクト管理会計システム「MA-EYES」のご紹介

[講師] ビーブレイクシステムズ 岡部 志保

リアルタイムで企業活動の様々な観点からの損益状況をグラフィカルに把握するための業務管理システム「MA-EYES」をご紹介します。これまで多くの企業でのシステム構築のノウハウが盛り込まれた”使いやすく分かりやすい”MA-EYESの画面をご覧ください。

16:35~16:55 個別質問会

MA-EYESを操作できる端末をご用意しております。MA-EYESの快適な操作性をご確認ください。製品に詳しい担当者がおりますので、疑問に感じたことは遠慮なくご質問ください。

セミナー概要

開催日時 2007年11月19日(金) 15:00~17:00(開場 14:50)
開催場所 品川イーストワンタワー21階 小会議室(東京・品川)
参加費 無料(事前登録制)
お申込み方法 下の「申し込み」ボタンより下記内容をご記入の上お申込みください。
主催 株式会社ビーブレイクシステムズ
お問合せ先 株式会社ビーブレイクシステムズ セミナー事務局
Tel:03-5487-7855 Mail:seminar@bbreak.co.jp

本セミナーへのお申し込み

セミナーの申込は終了いたしました。

※上記内容については予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

ページトップへ

お問い合わせはこちら

03-5487-7855

受付時間:10:00~18:00