■FutureRays株式会社様

MA-EYESの導入により、SESを中心としたプロジェクト型業務の効率化と業務データの正確性向上を実現したFutureRays株式会社。今回のシステム導入についてFutureRays株式会社 経営管理本部 マネージャー 佐々木 誠様にお話を伺いました。(2015年10月現在)

  • 佐々木 誠氏

【ポイント】

  • 業務の効率化
  • 業務データの正確性向上

システム導入することになった経緯を教えてください

導入以前は、見積・受注・請求をExcelなどで作成していましたが、組織の成長と共に取引件数などが増加し事務担当者に業務負荷がかかり、従来の管理方法では対応が難しくなっていました。

また未然に問題を防ぐ必要なチェック体制やリスク管理機能が無かったことや今後の成長過程において業務負担は更に大きくなることが予想できたため、業務の効率化と業務データの正確性向上を求めてシステム検討を始めました。

MA-EYESを選ばれた理由はなんですか

事務業務全般の見直しの一環として基幹業務システムの入れ替えを考えていました。MA-EYESは請求(売上)データや購入(支払)等に関する仕訳を生成し他の財務会計システムと連携できる点を評価しました。

MA-EYESで実現できるようになったことについて教えてください

概要図

※画像をクリックすると拡大表示します。

■導入前のシステム概要
(詳細は右の画像をクリックしてご覧下さい)

概要図

※画像をクリックすると拡大表示します。

■導入後のシステム概要
(詳細は右の画像をクリックしてご覧下さい)
実作業時間で請求金額が決まるSESを中心としたプロジェクトについて、登録した作業実績工数から顧客への請求金額を自動で計算することができる。また顧客に請求できる経費が計上されていれば、自動で請求に追加することができる。

導入効果を教えてください

見積作成から受注処理、工数入力、請求までの販売管理業務をシームレスに行えるようになり、多重入力排除による業務効率化が実現されました。当面はMA-EYESの機能を使いこなすことからスタートし、今後は部署の責任者のタイムリーな利益把握に役立てていきたいと考えています。

FutureRays株式会社

FutureRays株式会社

http://www.futurerays.biz/

製品資料や事例集をご希望の方はこちら

03-5487-7855受付時間:10:00~18:00

※上記内容はインタビュー時点の情報に基づき作成されています。

※Microsoft Excelは、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。

ページトップへ

お問い合わせはこちら

03-5487-7855

受付時間:10:00~18:00