■株式会社ビルドシステム様

MA-EYES導入によりプロジェクト管理と勤怠管理を一元化し、日々の作業時間をプロジェクト別に登録、プロジェクトの人件費の把握を実現した株式会社ビルドシステム様に、今回のシステム導入についてお話をお聞きしました。(2014年3月現在)

【ポイント】

  • プロジェクト管理と勤怠管理を一元化
  • プロジェクトの人件費の把握を実現

システム導入することになった経緯を教えてください

導入以前は、プロジェクトの見積もりや請求書発行業務はAccessで行い、勤怠管理はExcelファイル等で行っていました。業務情報が個別のシステム毎に管理されていたため月次で集計するまでプロジェクトの人件費を正確に把握できないという課題がありました。
そのため、これらを解決するべくプロジェクト管理と勤怠管理を一元管理できるプロジェクト管理システムの導入を検討していました。

MA-EYESを選ばれた理由はなんですか

新システムに求める要件として、IT業界向けのプロジェクト管理システムであることが大前提にありました。MA-EYESはIT業界に特化した実績あるパッケージであり、初期導入から運用コストを含めた上で他社製品と比べ圧倒的に低コストでした。またユーザインターフェースについても見やすかったことも高く評価し採用に至りました。

今回導入したMA-EYESのシステム概要について教えてください

※画像をクリックすると拡大表示します。

プロジェクト管理に関連する顧客管理、外注先管理、プロジェクト工数管理、作業実績・勤怠管理、プロジェクト収益管理などの機能を搭載しています。担当者による必要なデータ登録が終わると瞬時にデータが反映され、各種帳票が出力できます。

帳票についてご紹介頂けますか

次の2種類の帳票をご紹介します。

※画像をクリックすると拡大表示します。

【給与計算一覧】

※画像をクリックすると拡大表示します。

【経費申請一覧】

帳票作成に要する事務作業を効率化し、簡単に帳票出力できるようになりました。

導入効果について教えてください

MA-EYES導入により、プロジェクトの状況が数字で見えるようになりました。これにより、予期せぬ赤字プロジェクトが発生した場合でも早期発見・対策を迅速に行える体制が整備されました。今後の目標は、MA-EYES上に蓄積された業務データを活用し、プロジェクトの更なる生産性向上を目指していきたいと思います。

株式会社ビルドシステム

株式会社ビルドシステム

https://www.buildsystem.jp

製品資料や事例集をご希望の方はこちら

03-5487-7855受付時間:10:00~18:00

※上記内容はインタビュー時点の情報に基づき作成されています。

ページトップへ

お問い合わせはこちら

03-5487-7855

受付時間:10:00~18:00