■コンサルティング会社

MA-EYESを導入した企業の事例をご紹介します。背景や導入目的、導入効果、システム概要などをご覧いただけます。

背景と導入の目的

これまでコンサルティング現場ではプロジェクト管理を基本的に紙で行っていた。そのため、各プロジェクトの収益とコストの進捗状況を把握するために時間がかかり、不採算プロジェクトの発見や対応が遅れるというリスクがあった。 また、各現場から上がってきた紙ベースのデータを経理などの担当部門がシステムに再入力しなくてはならないことや請求金額の把握を行うためにその都度、確認・集計が必要であるなど非効率な業務フローが発生していた。
そのため現在の自社の規模に応じた業務プロセスの最適化を行うべくプロジェクト管理会計システムの導入を検討していた。また、今後の自社の競争力を高め、持続的に業績を拡大させていくためには、厳密な収支管理の実現やプロジェクト毎の稼働状況の把握(プロジェクトの見える化)、仕掛高の把握(財務状況の見える化)は今後の成長には欠かせないと考えていた。
なお今回の導入は現在の人員と今後の拡大を前提に小規模からスタートでき、段階的な導入と将来発生するカスタマイズへの対応が容易なシステムにしたいと考えていた。

導入効果

※画像をクリックすると拡大表示します。

各プロジェクトにおいてアサインメンバー毎の合計稼働時間や稼働状況、発生原価の進捗や明細がリアルタイムに把握できるようになり「プロジェクトの見える化」を実現した。

また、仕掛高や売上高について適切なタイミングで把握できるようになり、自社の「財務状況の見える化」を実現した。

その他にもプロジェクト管理における一連の業務処理においてレポートや請求書発行時に発生するデータ集計・加工業務が減少し、担当部門の業務負荷が軽減され業務が効率化された。

各プロジェクトの収益とコストの進捗状況をリアルタイム且つ正確に確認できるようになり、問題発生に対し早期の状況把握と迅速な対応が可能になった。

製品資料や事例集をご希望の方はこちら

03-5487-7855受付時間:10:00~18:00

ページトップへ

お問い合わせはこちら

03-5487-7855

受付時間:10:00~18:00