■シェアードサービス会社

MA-EYESを導入した企業の事例をご紹介します。背景や導入目的、導入効果、システム概要などをご覧いただけます。

背景

従業員数の増加によりこれまでの管理方法では対応できず各担当部署に大きな作業負担がかかっていた。
企業規模が大きくなかった頃は、表計算ソフトを用いた属人的な管理方法でも、経営レポート作成にそれほど時間がかからず対応できていた。
しかし、従業員数の増加により、部署ごと組織ごとに統一されていない業務フローでは複数部署間において情報が分断されるため、経営レポート作成等の業務を実施する際に必要な情報が散在し、取引データの多重入力やそれに伴い誘発される入力ミス等、様々な無駄な処理が通常業務を圧迫していた。

導入目的

規模に応じた業務プロセスの最適化
プロジェクト単位での予実対比、部門別の収益性の把握など多角的な視点での経営分析を行える環境の構築

導入効果

※画像をクリックすると拡大表示します。

組織間において、連続した業務プロセスのワークフロー化と情報共有基盤の構築を実現した。 これにより、業務の一連の処理に置いてデータの引き継ぎができるようになり、情報が円滑に受け渡され、これまで二重入力や入力ミスが多発していた事務処理業務(事務手続き、書類作成、経営・報告レポート作成など)について大幅に改善され、業務効率が向上した。

また、プロジェクトのアサイン人員の作業実績や外部委託の経費等の原価についても、実績データがリアルタイムに反映されるため、プロジェクト単位の予実進捗管理ができるようになった。

全社・部門・プロジェクトと様々な切り口で見えるようになったため、あらゆる層の社員が、見るべきデータを見たいタイミングで取得できるようになった。

製品資料や事例集をご希望の方はこちら

03-5487-7855受付時間:10:00~18:00

ページトップへ

お問い合わせはこちら

03-5487-7855

受付時間:10:00~18:00