広告業界向け【MA-EYES】

よくある質問(総合)

ここでは広告業界向けERPパッケージMA-EYESに関する総合的な質問についてまとめています。

広告業界向けMA-EYES(Aシリーズ)の開発コンセプトを教えて下さい

当社製品、MA-EYESはコンサルティング業向けのアサイン管理システムから開発をスタートして、販売管理、原価管理、勤怠管理、財務会計等の機能を拡張し、現在、ERPパッケージとして多数のお客様にご利用いただいております。

MA-EYESはシステム開発業、コンサルティング業などのプロジェクト型労働集約産業に適した機能を持っておりますが、より幅広いお客様のご要望を受け、販売管理の部分を広告業向けに拡張したものをAシリーズ(AdvertisingのA)として新たに販売することとなりました。

どのような企業に向いているのですか

総合広告代理店、ネット広告代理店、WEB媒体運営、SP事業者など広く広告関係の事業を営むお客様にお勧めいたします。 販売管理の業務を一元管理したい、効率化したい、迅速に経営指標を把握したい、内部統制を強化したい、そういった課題をお持ちのお客様にご導入いただいております。

例えば、以下の要望に対する回答を、私たちはご用意しています。

  1. 営業活動-見込み-受注-発注-納品-請求という一連の流れを効率化したい。
  2. 適切なタイミングで経営分析レポートを閲覧したい。
  3. クライアント、商品、担当者ごとの売上高・粗利益を把握したい。
他社のシステムとの違いはどこにありますか

広告業向けに特化し、十分な機能があることに加えて、柔軟性や拡張性に優れ、かつ拡張の際のコストがリーズナブルであるという点です。いくら機能が揃っていても、導入されるお客様自身にとって使いやすく、必要な機能でなければ意味がありません。お客様が培われた独自の業務及び新たに生み出される事業にシステムを対応させ、永くお使いいただくためには、柔軟性や拡張性が重要になります。その点、弊社の製品はセミオーダー型の導入方法を採用しており、必要な時に必要な機能だけを導入いただき、その後の拡張・変更も容易です。

機能範囲について教えてください

別途、機能一覧がございますので、メールもしくは弊社営業にお問い合わせください。

導入のメリットについて教えてください

MA-EYESを導入すると以下のメリットが得られます。

  1. 業務の効率化
    業務全体がシームレスに繋がることによる二重入力の排除、見積もりや発注書など証憑類の自動発行、入金・支払い漏れの根絶、会計データの自動生成、分析帳票の出力などが可能になり、ユーザーの業務負荷が低減し業務を効率化します。
  2. 赤字案件の低減
    案件ごとの予算実績状況を常に正確に把握し、赤字予備軍の案件を早期に発見することが可能になります。これにより先手を打って対策を取ることができるようになるため、赤字案件の撲滅に貢献します。
  3. 内部統制の確立
    MA-EYESのワークフロー機能、権限機能、ログ機能等により、ITにおける内部統制のコントロール目標を達成し、企業の内部統制を確立します。

広告業界向けMA-EYESに関する
お問い合わせ・資料請求

03-5487-7855 受付時間:10:00~18:00