広告業界向け【MA-EYES】

事例

MA-EYES導入企業インタビュー

ERPパッケージMA-EYESをご導入頂きました広告関連企業様へのインタビューをご紹介します。

※クリックするとインタビューをご覧いただけます(MA-EYESの総合サイト内ページに遷移します)。

構築事例

MA-EYESを使って広告関連企業の様々な業務に対応します。こちらでは構築事例をご紹介します。

広告会社、広告代理店

広告会社・広告代理店では、案件や作品毎の損益の把握や、証憑等の多重入力作業の効率化、内部統制対応、営業・媒体部門間の業務効率化を求められています。広告業界は、例えば広告業務と制作業務で業務プロセスが異なり、またその他取り扱う商品の違いにより各社様々な業務プロセスが存在しています。

MA-EYESは、営業の引合段階から、見積等の各種証憑作成、媒体の発注依頼や外注購買など各種稟議承認、売上計上と請求管理、媒体管理など自社の業務に合わせてシームレスに繋ぐことができるため、システム化が難しい、営業・媒体部間業務や、請求業務についても効率化します。また、各企業により異なる各種商習慣や必要管理項目についてもMA-EYESはカスタマイズが比較的容易にできるため自社の業務にあったシステム構築が可能です。

システム概要図

ポータルサイト運営、手数料ビジネス会社

手数料ビジネス会社は、一般消費者とクライアント、その他代理店(パートナー)など複数社に跨り取引を行っています。また請求先や報酬の支払先が多く、各社固有の契約が結ばれているため、複雑な請求管理、支払管理が発生し、それらを効率的に行いたいと考えています。

MA-EYESは、提供サービスで発生する日々の取引・トランザクションデータの取込、データ照合、請求・支払金額の把握、帳票作成、入出金処理などをタイムリーに行うことができ、手数料ビジネス事業者の請求・支払業務の効率化に貢献します。
MA-EYESの請求管理では、様々な条件の請求(月次/前受/分割/一括など)や、自社内での管理方法(1つの案件に複数の請求明細を紐づける)、契約に応じた固有の計算式をベースにした請求金額の算出(月額請求、日割り、マージン設定など)、1つの案件を複数の得意先に請求をすることなど、企業独自の要件に柔軟に対応します。
その他にも、入出金処理に必要な、FBデータ取込・作成、データ照合、消込(自動/手動)、既存システムへの連携など、MA-EYESは業務データを集約化し、実際の業務に即した使い易いシステムを構築し、業務を効率化します。

システム概要図

広告業界向けMA-EYESに関する
お問い合わせ・資料請求

03-5487-7855 受付時間:10:00~18:00